@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

直射【チョクシャ】

デジタル大辞泉

ちょく‐しゃ【直射】
[名](スル)
光線がじかに当たること。まっすぐに照らすこと。「西日が直射する」「ストロボを直射する」「直射光」
低く、ほとんど直線をなす弾道で発射すること。「直射砲」→曲射平射

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょくしゃ【直射】
スル
まっすぐに照らすこと。遮るものなくまともに照らすこと。 -日光 ほとんど-する日光を遮つて居る栗の木/土
低く水平な直線に近い弾道で弾丸を発射すること。平射。 ⇔ 曲射 敵艦を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょく‐しゃ【直射】
〘名〙
① まともに射ること。まっすぐ射ること。また、まっすぐにうち上げること。
※近古史談(1864)三「独雷公之降、直射旁激、無定処
② まっすぐにそそぐこと。じかに照らすこと。また、その光。
※改正増補物理階梯(1876)〈片山淳吉〉中「音の速力論〈略〉此響線は直射して若くは山壁、岩窟等の凹窪なる面に触るれば、光或は温の如く反射を為し」
③ 低く直線に近い弾道で弾丸を発射すること。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉二「迦(カノン)は長き大砲にして実弾を直射する者なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直射」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直射の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation