@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

直接強制【ちょくせつきょうせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

直接強制
ちょくせつきょうせい
(1) 民事執行法上の強制履行一種であり,代替執行間接強制に対する。執行機関権力債務者意思に関係なく債務 (私法上の給付義務) の内容を直接的に実現する方法である。執行方法としては最も効果的であり,債務者に積極的な協力をさせる必要がないため,執行方法の中心的なものとされており,金銭債権執行および動産不動産引渡し,請求権の執行に用いられている。

(2) 行政上の強制執行の一手段。義務者の義務不履行の場合に,直接に義務者の身体または財産に実力を加え,義務の履行があったのと同一の状態を実現する作用。義務の不履行を前提とする点において,それを前提としない即時強制と区別される。除却命令に従わない者の家屋の破壊,営業停止命令に従わない者の営業所の実力による閉鎖等がその例である。現在,この手段を定めている法律はきわめて少い (たとえば出入国管理令 39以下) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょくせつ‐きょうせい〔‐キヤウセイ〕【直接強制】
民事執行法上、執行機関債務者の意思とは関係なく、直接に債務の内容を実現すること。→間接強制代替執行
行政法上、義務不履行がある場合、直接に義務者の身体または財産に実力を加え、義務の履行があったのと同一の状態を実現すること。検疫法による感染症患者の隔離停留など、特別法によって例外的に認められる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょくせつきょうせい【直接強制】
(1)民事執行において,執行機関が債務者の財産に対して実力を行使し,直接に請求権内容を実現する強制執行をいい,代替執行間接強制と区別する。直接強制は,請求権実現の手段として最も効果的であり,債務者の身体や意思に圧迫を加えない点で人格尊重の理念に適合するから,近代における執行手続の原則的方法とされ,現行法上,金銭債権の執行(民事執行法43~167条),不動産,人の居住する船舶等の引渡し・渡しの執行(168条),動産引渡しの執行(169条)が直接強制によって行われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょくせつきょうせい【直接強制】
強制履行の一方法。執行機関が直接的に債務の内容を実現すること。
行政法上の義務の不履行がある場合、義務者の身体・財産に実力を加えて義務が履行されたのと同じ状態にすること。特別法に基づく場合にのみ認められる。 → 間接強制代替執行

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

直接強制
ちょくせつきょうせい

民事執行法上

強制履行の執行方法の一つで、債務者の意思とは関係なく執行機関が債務者の財産に直接権力を加えて、給付内容の実現を図るもの(民法414条1項)。たとえば、金銭債権について、債務者の財産を換価し、これを債権者に与えたり、あるいは、動産・不動産の引渡しまたは明渡しを目的とする債権について、債務者の占有を解いて債権者の占有に移すなどである。直接強制による執行方法においては、国家権力が直接的に発動されるが、その反面として債務者が執行に積極的に協力することが要求されないので、債務者の身体や意思が圧迫されることが少なく、人格尊重を理想として人的執行を排除した近代法の精神にかなった方法といえる。現行法も、金銭債権の執行(民事執行法43条以下)、不動産または人の居住する船舶の引渡しまたは明渡しを求める債権の執行(同法168条)、特定の動産の引渡しを求める債権の執行(同法169条)、第三者の手中に存する目的物の引渡しを求める債権の執行(同法170条)は、この原則的な直接強制の方法によっている。
 執行方法からみた強制履行の分類として、直接強制、代替執行、間接強制の3種がある。この3種の相互関係は、まず直接強制が原則的執行方法であり、直接強制ができない代替的作為不作為義務の執行の場合には、代替執行(民法414条2項、民事執行法171条)により、さらに代替執行も不可能な不代替的作為不作為義務執行の場合に初めて間接強制(民事執行法172条)が許されるとするのが通説である。[内田武吉]

行政法上

行政機関が直接的・物理的方法で義務者の身体・財産に実力を加え、義務に適合した状態を実現するための行政強制手段。第二次世界大戦前の旧行政執行法ではこれを一般的に認めていたので、たとえば営業停止命令違反の営業所を実力で閉鎖することなどが認められていた。しかし、この制度はあまりに包括的で、人権侵害を招くので、戦後は一般的に廃止され、例外的に、検疫法による患者などの隔離・停留(経過観察のために一定期間隔離すること)の例がみられるにすぎない。[阿部泰隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょくせつ‐きょうせい ‥キャウセイ【直接強制】
〘名〙
① 民事訴訟法上、執行機関が債務者の意思にかかわらず、直接に給付内容を実現すること。強制履行の一方法で、代替執行・間接強制に対するもの。金銭債権の執行、不動産または人の居住する船舶の引渡または明渡請求権の執行などはこの方法で行なわれる。
② 行政法上、義務の不履行の場合に直接に義務者の身体または財産に実力を加え、履行があったのと同じ状態を実現すること。旧憲法下ではこれが認められていたが、現行法では人権侵害を避けるため、伝染病患者の強制収容など、特別法で定められた場合に限られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直接強制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直接強制の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation