@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

直方平野【のおがたへいや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

直方平野
のおがたへいや
遠賀川平野ともいう。福岡県北部,遠賀川の中・下流域を占める平野。中心地は直方市。古くから開発された水田地帯であったが,明治中期以後,周囲の古第三紀層の炭田を開発し,炭鉱地帯として発展した。 1960年代から閉山が相次ぎ,現在は農村地帯に復帰。炭鉱跡地には産炭地域振興事業による工場団地が造成され,多数の工場が進出している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のおがたへいや【直方平野】
福岡県北部,遠賀(おんが)川とその支流彦山川の流域に形成された沖積平野飯塚(嘉穂),田川などの小盆地を含み,水系に沿って多数の狭長な谷底平野が樹枝状に広がっている。直方から下流の東西3~8km,南北約20kmの三角州性低地をとくに遠賀川平野と呼ぶこともある。 貝塚分布で,かつては河口芦屋から十数kmの入海であったと推定され,遠賀川の河床傾斜も1/8000~1/10000にすぎない。また河口が砂丘によって狭められていることもあって,古来洪水に悩まされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

直方平野
のおがたへいや

福岡県北部、遠賀川(おんががわ)の中・下流に広がる沖積平野。遠賀川平野ともよばれる。東西3~8キロメートル、南北約20キロメートルの上流域が盆地状に広がっている平野で、下流域が狭いのと河床勾配(こうばい)が緩やかなために古来洪水が多く、明治時代中期までは弥生(やよい)時代の遺跡が分布する古い水田地帯であった。その後、大規模な筑豊炭田(ちくほうたんでん)の開発によって、日本の代表的な炭鉱地域となったが、炭鉱跡の地割れ、水没などの鉱害や水害が多発し、鉱害の復旧工事が進められている。現在は炭鉱の閉山による大量の失業者の出現により活気を失ったが、産炭地域振興による企業誘致や工業団地造成が進行、ボタ山と炭住に代表される平野景観を変えつつある。

[石黒正紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直方平野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直方平野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation