@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

直翅目【ちょくしもく】

精選版 日本国語大辞典

ちょくし‐もく【直翅目】
〘名〙 昆虫綱の一目。口は噛み型で、前翅はやや堅く、後翅は扇形。後肢は強大に発達し跳躍に適する。バッタ、キリギリス、コオロギなどが含まれる。最近はバッタ目と呼ばれる。日本には約二四〇種が分布する。〔日本昆虫学(1898)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直翅目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直翅目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation