@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

直衣【のうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

直衣
のうし
元来,ただの衣の意で,公家の平常服のこと。家庭での私服として好みの色を用いたので,雑袍 (ざっぽう) とも呼ばれた。近世以降になると直衣のままでの参内も許されるようになり,その際のの色は,冬は白,夏は若年者は二藍,壮年者は縹 (はなだ) 色,老年者は白とほぼ定まった。形は束帯衣冠の袍と同じであるが,文様は,冬は丸い浮線綾 (ふせんりょう) ,夏は三重襷 (みえだすき) という幾何学文様が用いられた。構成は,衣 (きぬ) ,単 (ひとえ) ,指貫 (さしぬき) ,下袴,檜扇浅沓 (あさぐつ) などであるが,衣と単は省略されることもあった。改まった際には,これに冠をかぶるので冠直衣と呼ばれ,他方,普段の略装で烏帽子をかぶるのは烏帽子直衣と呼ばれた。後世になると,天皇は直衣の身丈を長く仕立てて,着用の際,前を折り上げてふところをつくらずに長く引いて着用した。この直衣を引直衣または下 (さげ) 直衣といい,蹴鞠 (けまり) などの運動の際に着用した臣下と同じ着方のものは,特に上 (あげ) 直衣と呼んだ。童直衣は,浮織地でできた公家の童の直衣で,かぶりものはかぶらずに着用した。また,平安時代の女装では,髪上げすることなく,ただ衣を重ね,裳と唐衣を着けただけの平常着を,完全に整えた唐衣裳 (からぎぬも) の正装に対して直衣と呼んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のうし〔なほし〕【直衣】
《直(ただ)の衣、平服の意》平安時代以後、天皇・摂家・大臣など、公卿の平常服。衣冠袍(ほう)と同じ形で、烏帽子(えぼし)指貫(さしぬき)とともに着用した。衣冠と違い、位階による色の規定がないので、雑袍(ざっぽう)といわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なおし〔なほし〕【直衣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうし【直衣】
公家の衣服の一種。天皇,皇太子親王,公卿が日常着として用いた。(ほう)の一種にあたる縫腋袍(ほうえきのほう)であるが,位階によって色が決められた位袍ではないため雑袍(ざつぽう)といわれた。直衣を着る装束の構成は衣冠とほぼ同じで,烏帽子(えぼし)に直衣,衵(あこめ),単(ひとえ),指貫(さしぬき)で,冬に檜(ひおうぎ),夏に蝙蝠(かわほり)扇を手にした。平安時代後期になると雑袍の勅許といって,直衣宣下を受け天皇の許可を得て公卿とその子息も直衣で参朝できるようになり,そのときは烏帽子の代りに冠をかぶった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

直衣
のうし

公家(くげ)の衣服で、袍(ほう)の一種。直(なお)し衣の意。天皇、皇太子、親王、公卿(くぎょう)が日常着として用いた。形は衣冠の袍と同じ縫腋袍(ほうえきのほう)であるが、位階によって色が決められた位袍ではないため、雑袍(ざっぽう)といわれた。直衣を着る装束の構成は、衣冠とほぼ同じであるが、烏帽子(えぼし)をかぶり、直衣、袙(あこめ)、単(ひとえ)を着て、指貫(さしぬき)、下袴(したばかま)をはき、冬に檜扇(ひおうぎ)、夏に蝙蝠(かわほり)扇を手にした。平安時代末期になると雑袍の勅許といって、直衣宣下(せんげ)を受け天皇の許可を得て、公卿とその子息は直衣で参朝できるようになり、そのときは烏帽子のかわりに冠をかぶった。そこでこの姿を冠直衣といい、通常の姿を烏帽子直衣とよぶこととなった。幼年の者は烏帽子や冠をかぶらず、髪形を美豆良(みずら)のままとし、小型の童(わらわ)直衣を着た。

 直衣の色目(いろめ)は、位袍の色以外のものであれば自由であったが、平安時代後期になると、冬は表を白、裏を紫か二藍(ふたあい)(桜)、紅(紅梅)、青(柳)などとして襲(かさね)色目にした。夏は単仕立てで二藍(若年)、縹(はなだ)(壮年)、白(宿老)とした。冬の裏地、夏の生地(きじ)とも一般に濃い色は若年、薄い色は老年が用いるものであった。冬の裏地の紅や紫は若年、二藍は成年、青は壮年、浅葱(あさぎ)は老年が用いた。地質について、幼年の冬は浮織物、その他は綾(あや)。文様は天皇、皇太子が小葵(こあおい)、その他は唐花(からはな)の丸や臥蝶(ふせちょう)の丸。幼年、壮年ともに夏の地質は縠(こく)、文様は、幼年が小型の三重襷(みえだすき)、壮年が三重襷である。

 平安時代末期以後、天皇は通常の直衣のほか、御引(おひき)直衣または御下(おさげ)直衣と称し、身丈をやや長く仕立てたものを掻込(かいこ)みをせず、裾(すそ)をそのまま垂らして後方に引く形式のものを着用した。このときは長御打衣(ながのおんうちぎぬ)、長御単を着て、指貫のかわりに紅の御長袴をはく。小(こ)直衣は狩衣(かりぎぬ)直衣、有襴(うらん)狩衣ともいい、狩衣の裾に同じ生地(きじ)の襴をつけた形式のもの。また前後の裾が襴によってつながれているため傍続(そばつぎ)ともよばれた。これは狩衣よりかしこまった服装として、上皇、親王、大臣、大将のみに用いられ、上皇が着装するときは甘(かん)の御衣(おんぞ)といった。小直衣の地質、色目、文様は狩衣と同じである。

[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょく‐い【直衣】
〘名〙 (「直衣(のうし)」を音読した語) 平安時代以来、天子、摂家以下公卿の平常服。
※高野本平家(13C前)三「已上三十三人、右大弁の外は直衣(チョクイ)也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のうし なほし【直衣】
〘名〙 (平常の服の意) 公卿の日常服。位階相当の位色を用いないのを特色とし、勅許を受けると参内もできたので、地質、色目、文様にも一応の慣習を生じた。冬は表を白、裏は二藍(ふたあい)の重ねとし、夏は裏をつけないので冬の裏の二藍の色を用いた。下着やはきものは衣冠と同様であるが、日常の略時には烏帽子を用いた。雑袍(ざっぽう)。直衣の御衣(おんぞ)。直衣の衣。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「宮たち、おとどたちはなをしたてまつれり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なおし なほし【直衣】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

直衣
のうし
平安時代以来の貴族の平常服
形は衣冠・束帯の袍 (ほう) と同じ。正装と異なって官位相当の色以外の重ね色を用いたことから雑袍ともいう。のち礼装に準じ,三位以上の公卿と大臣の子は直衣のままで参内が許された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直衣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直衣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation