@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相互依存【そうごいぞん】

知恵蔵

相互依存
国家が自律的に決定し行動する政治・経済共同体としての性格を維持しながら、諸国家・社会が利益と危険性を共有し敏感に影響し合う共生状態と、それに対する諸国家・社会の対応。国家システムは、各国が独自の目標に基づいて単独で行動し、一国の国益実現や勢力拡大が他国の損失や勢力縮小を招くという考え方に立脚していた。ところが相互浸透が進むと、例えばある国が核攻撃や保護主義的な経済政策などの行動に出ると、その国自体も大きな損失を受けざるを得ない。他面、世界経済の一元化などにより、一国のマクロ経済政策が制約され、さらに他国から構造調整を迫られることも多くなった。こうした状況では、一国の政府国民は、他政府との協調や他国民との共同行動を通じて、自らの利益実現を図ることになる。そのような諸国家・社会の共生状態を構造的な相互依存と呼び、個々の政策で他国政府との協調を通じて自己の価値実現を図ることを政策レベルの相互依存と呼ぶ。
(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

世界大百科事典 第2版

そうごいぞん【相互依存 interdependence】
相互依存という言葉は近年,実際の政治の場においても学問上の分析概念としても多用されるようになった。すなわち,実際の政治においては,〈支配・従属関係dominance‐dependence relations〉と対比されるシンボルとして,平等で緊密な国家間関係を意味する政策目標として用いられることが多い。学問分野においては,伝統的な国際政治をこえる,現代に特有の現象を表すための概念として用いられることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

相互依存
そうごいぞん
interdependencies

ここでは、とくに世界諸国間の相互依存関係をいう。現代世界における、とりわけ科学技術の発達は、国家間の交流を飛躍的に推進し、世界諸国間に政治、軍事、経済、文化などあらゆる領域での相互依存関係をもたらしてきた。なかでも経済面においては、先進諸国、開発途上諸国を問わず、相互に重層的な依存関係が張り巡らされている。

 相互に依存するがゆえに世界諸国はつねに相互に及ぼし合う影響を配慮し、互いに協調して生存することが不可欠になっているが、だからといって現実に諸国間の友好関係が増進し、世界の対立や軋轢(あつれき)が解消されることを意味しない。むしろ、諸国間の利害の対立をいっそう錯綜(さくそう)させ、国際的対立状況を誘発させることすらある。相互依存の深化は国際関係を緊密にさせる反面、均衡した依存の内容をもたないがために、利害の対立を誘発し、さらに国際関係に複雑な様相を生じさせている。

[青木一能]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相互依存」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相互依存の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation