@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相互銀行【そうごぎんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

相互銀行
そうごぎんこう
1951年制定の相互銀行法に基づいて設立された中小企業金融専門機関。従来の日本には伝統的な庶民金融機関として無尽会社があったが,第2次世界大戦後の金融制度再編成の一環として,その基盤を強化し「国民大衆のために金融の円滑をはかり,その貯蓄の増強に資する」(相互銀行法1)ため,株式会社組織に改めた。あわせて預金,貸付業務を全面的に認めることにした。その後店舗設置も全国的に行なわれるようになり,相互銀行の業務拡大はめざましいものがあった。全国相互銀行協会は 1984年5月,大蔵大臣に相互銀行を普通銀行に一斉転換するよう要望した。1985年当初 69行あった相互銀行の多くは,1989年に「金融機関の合併及び転換に関する法律」に基づいて普通銀行に転換した。同 1989年に全国相互銀行協会は第二地方銀行協会と改称し,それに伴い相互銀行は第二地方銀行と呼ばれる。1992年最後の 1行が地方銀行に合併され相互銀行は消滅。1993年相互銀行法も廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうご‐ぎんこう〔サウゴギンカウ〕【相互銀行】
昭和26年(1951)施行の相互銀行法に基づき、無尽会社から転換した中小企業専門の金融機関。普通の銀行業務のほか無尽業務も行った。平成元年(1989)から普通銀行に転換。同5年相互銀行法は廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうごぎんこう【相互銀行】
無尽会社(1915年公布の無尽業法に基づく)を前身とする中小企業金融機関。相銀と略す。相互銀行法により,商号中に相互銀行の文字の使用を義務づけられ,また株式会社でなければならない。無尽とは,貯蓄と融資が結びつけられた,分割返済の方法で小口の長期資金を融通するもので,第2次大戦前においては中小企業に適合する金融の方法であった。1951年の中小企業金融制度の改正によって無尽会社は相互銀行に転換したが,それによって相銀は預金・貸出業務を銀行とまったく変りなく行うことができるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうごぎんこう【相互銀行】
相互銀行法(1951年制定、1992年廃止)により無尽会社から転換した銀行。株式会社組織で、主に中小企業金融を行なった。89年(平成1)以降、普通銀行への転換が行われ、1992年廃止。相銀。 → 第二地銀

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

相互銀行
そうごぎんこう
1951年(昭和26)制定の相互銀行法(昭和26年法律199号)に基づいて設立された中小企業専門の民間金融機関。相銀と略称される。相互銀行は1989年(平成1)に相次いで普通銀行に転換し、92年、東邦相互銀行が伊予銀行に合併されたことにより相互銀行は消滅した。金融制度上でも相互銀行法は廃止されるに至った。
 かつての相互銀行は相互銀行法により、商号中に相互銀行という文字の使用を義務づけられ、また資本金4億円以上の株式会社でなければならないとされていた。大部分の相互銀行は従来からの無尽会社を改組、発展したもので、したがってその源流は遠く無尽・頼母子講(たのもしこう)にまでさかのぼることができる。
 相互銀行の業務としては、相互掛金業務、預金および定期積金の受入れ、資金の貸付および手形の割引、為替(かわせ)業務などがあり、業務面では、無尽を継承した相互掛金業務を除くと普通銀行とほとんど変わるところがなかった。ただし、中小企業専門という特性上、融資対象には制限があり、事業資金の融資は、従業員300人以下もしくは資本金8億円以下の中小企業者(法人または個人の事業者)であることを原則としていた。同一人に対する融資限度は、自己資本の20%または15億円の、いずれか低い額である。事業資金以外の個人に対する融資は、制限なく行うことができた。
 その後、相互銀行の固有業務である相互掛金は漸次減少し、また営業区域の制限も廃止されて広域での営業が可能となったこともあって、相互銀行の規模や経営内容は地方銀行に類似したものになった。このような状況を踏まえて、相互銀行の上部団体である全国相互銀行協会は、1984年5月に、相互銀行の普通銀行への一斉転換の要望書を当時の大蔵大臣に提出し、金融制度調査会(現、金融審議会)においても審議された。さらに、1968年6月施行の「金融機関の合併及び転換に関する法律」をよりどころに、また87年の金融制度調査会の答申によって相互銀行の普通銀行への個別転換の道が開かれ、89年2月以降、相互銀行から順次普通銀行に転換していった。相互銀行から転換した普通銀行は、第二地方銀行協会に所属することになった。相互銀行が普通銀行に転換する直前の1988年末における相互銀行全体の規模は、相互銀行数68行、資金量47兆7320億円、融資量38兆2540億円であった。なお、2008年3月末現在で第二地方銀行は銀行数45行、資金量55兆5619億円、融資量42兆9309億円である。[森 静朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうご‐ぎんこう サウゴギンカウ【相互銀行】
〘名〙 昭和二六年(一九五一)相互銀行法の制定によって、無尽会社から転換した中小企業専門の金融機関。無尽業務、預金および定期積立金の受入・貸付等の業務を行なった。平成元年(一九八九)から普通銀行に順次転換。同五年に相互銀行法廃止。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相互銀行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相互銀行の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎市川崑マキノ雅広木下恵介久松静児ANZUS条約稲垣浩電気事業成瀬巳喜男

他サービスで検索

「相互銀行」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation