@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相伴衆【ショウバンシュウ】

デジタル大辞泉

しょうばん‐しゅう〔シヤウバン‐〕【相伴衆】
室町時代、宴席などに将軍相伴役として伺候した者。山名一色(いっしき)細川畠山赤松・佐々木などの諸家から選ばれた。しょうばんしゅ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうばんしゅう【相伴衆】
室町幕府が定めた一つの身分。本来は将軍が他家を訪問し,あるいは殿中で饗宴が催されたとき,将軍に陪席する人々を指したが,高い家柄の者に限られたため,一定の身分として固定した。三職(さんしよく)(三管領)に次ぎ,御供衆の上に位置した。《花営三代記》の応永28年(1421)正月14日,足利義満妻子とともに伊勢貞経亭を訪問した際,管領畠山満家が御相伴に召されたことが初見とされるが,この時期にはまだ御相伴衆という一定の職掌や身分は定められていない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうばんしゅう【相伴衆】
室町幕府の職名。将軍の相伴をして行動をともにした者。三管領家のほかは功労ある家の者に限って選ばれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうばん‐しゅう シャウバン‥【相伴衆】
〘名〙 (「しょうばんしゅ」とも) 宴席などで相伴にあずかる人々。特に、室町時代、将軍が殿中で宴を催し、また、諸将の宴に臨む時、相伴役としてその席に陪従する者。有力守護大名家から選ばれた。→御相伴衆
※羅葡日辞書(1595)「Apophoreta〈略〉フルマイノ スエニ xǒbanxuni(シャウバンシュニ) アタユル ヒキデモノ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相伴衆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相伴衆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation