@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相対替【あいたいがえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

相対替
あいたいがえ
江戸時代,大名旗本幕府から拝領した宅地江戸屋敷を,また農民田畑永代売買の禁があったにもかかわらず,田畑を当事者双方の合意で交換したこと。江戸屋敷の交換には幕府の許可を要した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

相対替
あいたいがえ

江戸時代、当事者双方の合意に基づいて、田畑、屋敷などを交換すること。田畑の永代売買が禁止されているために行われた、事実上の土地所有権移動の一形態である。幕臣も幕府の許可を得て、拝領屋敷の相対替をすることができた。この場合、新規拝領屋敷は3年経過することが条件であり、また一度相対替した屋敷は10年経過する必要があった。しかし、1804年(文化1)、前者については年限の規制を廃し、後者は5年に短縮された。さらに1861年(文久1)には、5か月以降の再度の相対替が許可されるようになった。

[曽根ひろみ]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あいたい‐がえ あひタイがへ【相対替】
〘名〙
① 当事者が相談し、納得したうえで、その所有の宅地、田畑を交換すること。江戸時代、田地の永代売買の禁があったが、いろいろの形で所有権の移転が行なわれた。
② 江戸時代、旗本が幕府から拝領した屋敷地を、その許可を得て、互いに交換すること。この交換は拝領の時から三年経過していることが必要で、かつ、敷地は分割できなかった。
※青標紙(1840‐41)前「一、屋敷相対替之事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相対替」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相対替の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation