@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相対【アイタイ】

デジタル大辞泉

あい‐たい〔あひ‐〕【相対】
当事者どうしがさし向かいで事をなすこと。「相対で話をつける」
対等であること。対等で事を行うこと。
「―よりも少し自分を卑下したお辞儀をした」〈有島星座
合意すること。互いに納得した上であること。
「男と―にて乳母に出でける」〈浮・織留・六〉
連歌俳諧で、前句に相対して同じ趣向をつけること。春に秋、山に野でつける類。相対付け。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐たい〔サウ‐〕【相対】
[名](スル)
向かい合うこと。向き合っていること。また、対立すること。「難題に相対する」
他との関係の上に存在あるいは成立していること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいたい【相対】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

そうたい【相対】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あいたい【相対】
他人を仲介に立てないで、当事者がさしむかいで行うこと。 -で話をつける
双方が対等の立場にあること。
合意の上であること。相対ずく。 是非なく男と-にて乳母に出ける/浮世草子・織留 6

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐たい あひ‥【相対】
〘名〙
① 向かい合っていること。また、当事者同士が、直接に向かい合って、事を行なうこと。
※風姿花伝(1400‐02頃)七「これは筆に見え難し。あいたいしての口伝なり」
※黄表紙・本の能見世物(1780)「その親に相対(アヒタイ)して貰って来た」
② 合意すること。相談のうえ、互いに納得して事を行なうこと。あいたいずく。
※東寺百合文書‐る・応永九年(1402)七月一七日・最勝光院方評定引付「於此契約者、為内々儀、助公宮内卿平岡相対治定了」
※評判記・色道大鏡(1678)六「離別し、相対(アイタイ)の上にて起請を返す時は」
③ なれ合い。共謀。ぐる。
※浄瑠璃・信田森女占(1713)一「是成神子めと相たいで女わらべをたぶらかし」
④ 対等であること。対等で事をなすこと。
※史記抄(1477)九「斉衡と云は抗衡と云と同心なり。相対し長短もないぞ」
※俳諧・手引種(1807)下「相対は発句に結びし物に対を取て附〈略〉水底の影や大虵のしたもみぢ〈望一〉 独吟。相対、鹿の角ふりわたる山川 発句大虵の舌に下(した)をかけてせしなり。水底に川、大虵の舌に鹿の角と相対せしなり」
⑥ 競売や入札によらず、売り手と買い手との合意による直接取引。また、その方法。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あい‐たい・する あひ‥【相対】
〘自サ変〙 あひたい・す 〘自サ変〙 (「あい」は接頭語)
① 互いに向かい合う。また、向かう。
※今昔(1120頃か)一「左右に相対て坐して術を現ず」
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「広大なる事は其東西の辺境皆海洋まで相達し、其内西海は日本国へ相対(アヒタイ)し候」
② 互いに反対の立場に立つ。対立する。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「軽重長短善悪是非等の字は相対したる考より生じたるものなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相対」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相対の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation