@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相川勝六【あいかわ かつろく】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

相川勝六 あいかわ-かつろく
1891-1973 大正-昭和時代の官僚,政治家。
明治24年12月6日生まれ。内務省にはいり,警視庁刑事部長や宮崎,広島,愛知,愛媛の県知事を歴任。宮崎では「八紘一宇(はっこういちう)の塔」建設を推進。大政翼賛会実践局長,厚生次官をへて,昭和20年小磯内閣の厚相。27年衆議院議員(当選8回,自民党)。昭和48年10月3日死去。81歳。佐賀県出身。東京帝大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

相川勝六」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相川勝六の関連情報

関連キーワード

秋山清神代辰巳沢渡朔ポセイドン船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ加藤泰新藤兼人

他サービスで検索

「相川勝六」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation