@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相川春喜【あいかわ はるき】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

相川春喜 あいかわ-はるき
1909-1953 昭和時代の技術史家,社会運動家。
明治42年8月15日生まれ。学生ストで四高中退後,産業労働調査所などにつとめ,唯物論研究会に参加。昭和11年コム-アカデミー事件で検挙される。戦後シベリアに抑留され,日本人捕虜向けの「日本しんぶん」の論説を担当した。24年帰国。昭和28年4月29日死去。43歳。新潟県出身。本名は矢浪久雄。著作に「技術論」「現代技術論」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あいかわはるき【相川春喜】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

相川春喜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相川春喜の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広牧野省三市川崑野村芳太郎川島雄三森一生[各個指定]工芸技術部門土門拳

他サービスで検索

「相川春喜」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation