@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相川景見【あいかわ かげみ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

相川景見 あいかわ-かげみ
1811-1875 江戸後期-明治時代の歌人。
文化8年生まれ。幕臣。徒(かち)組頭をつとめる。香川景樹(かげき)にまなび,能久(よしひさ)親王に和歌を講義した。明治8年2月17日死去。65歳。名ははじめ定泰,如茂。通称は登之助,彦之進。号は柏園,山の井。著作に「船路の日記」,歌集に「柏園家集」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

相川景見」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相川景見の関連情報

関連キーワード

クライストフランス共和国憲法国民議会チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ベートーベンエルギンベッテルハイムライト坂東彦三郎(3代)合衆国銀行

他サービスで検索

「相川景見」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation