@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相川音頭【アイカワオンド】

デジタル大辞泉

あいかわ‐おんど〔あひかは‐〕【相川音頭】
佐渡市民謡平家物語に取材した口説(くど)き形式の歌詞による盆踊り歌。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あいかわおんど【相川音頭】
新潟県佐渡市相川の民謡で、盆踊り唄。源流は「盆踊り口説くどき」。歌詞の多くは心中物であったが、天保年間(1830~1844)、山田良範(または中川赤水)が「源平軍談」を作った。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

相川音頭
あいかわおんど
新潟県佐渡(さど)市北西部、旧相川町を中心に歌われてきた民謡。江戸時代の寛文(かんぶん)末期(1670ころ)におこった盆踊り唄(うた)で、初めは『謡曲(うたい)百番くずし』といい、謡曲の曲名を懸詞(かけことば)にしたり、『おさん仙次郎心中濃茶染(こいちゃぞめ)』のように、心中物や恋物語をテーマにして歌い込んだりしていた。約140年のちの文政(ぶんせい)・天保(てんぽう)年間(1818~1844)になると、尚武の世相の影響で勇ましい歌詞が喜ばれるようになり、現在歌われている源平合戦を描写した5段の口説(くどき)調となった。初段「宇治川先陣」、2段「巴(ともえ)の勇戦」、3段「那須与市扇(なすのよいちおうぎ)の的(まと)」、4段「継信(つぐのぶ)の死」、そして5段の途中からがよく歌われている「どっと笑うて立つ浪風(なみかぜ)の 荒き折節(おりふし)義経(よしつね)公は……」のくだりの「義経弓流し」である。相川金山に江戸幕府の奉行所が置かれたころ、毎年7月15日の盆に、その奉行所の前でこの『相川音頭』が踊られたことから「御前踊り」とよばれるようになった。『佐渡おけさ』とともに佐渡の代表的な唄である。[斎藤 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あいかわ‐おんど あひかは‥【相川音頭】
〘名〙 民謡。新潟県佐渡相川の盆踊り唄。寛文年間(一六六一‐七三)末期に起こり、文政・天保年間(一八一八‐四四)に「平家物語」に取材した歌詞ができた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相川音頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相川音頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation