@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相懸【あいがかり】

精選版 日本国語大辞典

あい‐がかり あひ‥【相懸】
〘名〙
① 敵味方が双方同時に寄せあって、攻めかかること。
※太平記(14C後)五「防ぐ兵(つはもの)は打物の鞘(さや)をはづして相懸りに近付く所に」
② 平手将棋の序盤の一陣形。両者居飛車(いびしゃ)で、駒組みを進め、戦うこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相懸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相懸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation