@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相方・合方【あいかた】

精選版 日本国語大辞典

あい‐かた あひ‥【相方・合方】
〘名〙
① 事を共にする際の相手方。相手となる者。
(イ) 相手。仲間。相棒。
※談義本・艷道通鑑(1715)四「催従(もより)にまかせ好類(アイカタ)につれ東山北野に集会(つどひ)て」
(ロ) (「敵娼」とも書く) 遊客の相手となる遊女や若衆。
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)一「義岑が相方、台(うてな)と申す女郎」
(ハ) 三味線の伴奏者。また、万歳などで相手役の芸人。
※歌謡・松の葉(1703)五「歌一つのうち、二上り三下りなどの調子かはる事あるは、一しほ相手の調子取やう、あひかたに習ひある事也」
② 能楽で、伴奏する楽器の総称。大鼓、小鼓、太鼓、笛によるもの。囃子方(はやしかた)。また、謡(うたい)と囃子を合わせるためのきまり。
※歌舞伎・心中鬼門角(1710)下「相かたに合はぬ諷は役にたたぬ物じゃ」
③ 邦楽で、唄と唄との間をつなぐ三味線の合の手の、特に長いもの。歌舞伎の下座(げざ)音楽で、三味線を主としたものの名称。俳優の演技やせりふに合わせ、場面の雰囲気を盛り上げる効果をもつ。
※浮世草子・傾城歌三味線(1732)五「三味線の相かたさへしらずに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相方・合方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相方・合方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation