@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相構【あいかまえて】

精選版 日本国語大辞典

あい‐かまえて あひかまへて【相構】
〘副〙 (「あい」は接頭語。「かまえて」の改まった言い方)
① 用心して。心を配って。精神を集中して。
※江談抄(1111頃)三「流泉啄木と云ふ曲は此目暗のみこそ伝へけれ 相構て聞弾欲伝之処」
② 必ず。きっと。
※高山寺所蔵釈摩訶衍論々義草裏文書‐(正治元年カ)(1199か)六月一八日・隆玄書状「又来月御影供之比は、相構て参せはやと思給候」
※咄本・軽口御前男(1703)かはきの病「相かまへて、かたがた孫子の末まで仁王の口へ紙うちこむな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相構」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相構の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation