@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相槌【アイヅチ】

デジタル大辞泉

あい‐づち〔あひ‐〕【相×槌/相×鎚】
鍛冶(かじ)で、二人の職人が交互に槌を打ち合わすこと。あいのつち。
相手の話にうなずいて巧みに調子を合わせること。
「聞く人なげに遠慮なき高声、福も―例の調子に」〈一葉われから〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐づち あひ‥【相槌】
〘名〙
① 鍛冶(かじ)などで、師の打つ間に、弟子が槌を入れること。また、互いに槌を打ち合わすこと。
※塵袋(1264‐88頃)八「鍛冶があひつちと云ふは、二人むかひてうつゆへ歟」
② 建築で棟木などを組む際に使う大きな槌。
※兼見卿記‐天正一一年(1583)一〇月二二日「玄以普請 妙見寺、為見廻罷向。アイ槌 十、〈略〉持参」
③ 問いかけに答えること。相手の話に巧みに調子を合わせること。
※俳諧・西鶴五百韻(1679)何秤「月すむ棟に棟のあい槌〈西友〉 蔦葛噺しの伽に懸たり〈西吟〉」
※われから(1896)〈樋口一葉〉一一「遠慮なき高声、福も相槌(アヒヅチ)例の調子に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あい‐の‐つち あひ‥【相槌】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相槌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相槌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation