@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相沢忠洋【あいざわ ただひろ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

相沢忠洋 あいざわ-ただひろ
1926-1989 昭和時代の考古学研究家。
大正15年6月21日生まれ。行商をしながら,考古学的調査をつづけ,昭和21年群馬県赤城山麓で細石器を発見,24年それまで日本にはないと信じられていた旧石器時代遺跡(岩宿遺跡)とみとめられ,日本列島の人類歴史研究に新局面をひらいた。のち赤城人類文化研究所所長。42年吉川英治文化賞。平成元年5月22日死去。62歳。東京出身。著作に「岩宿の発見」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あいざわただひろ【相沢忠洋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あいざわただひろ【相沢忠洋】
1926~1989) 考古学者。東京生まれ。独学で研究を続け1949年(昭和24)群馬県の岩宿において先土器文化の遺跡を発見、縄文期以前の時代研究の端緒を開いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

相沢忠洋
あいざわただひろ
(1926―1989)
考古学研究家。東京都生まれ。正徳小学校夜間部卒業。少年時代、両親の離婚など恵まれない環境にあったが、考古学に対する興味をもち続け、小間物などの行商をしながら石器の収集を続けた。1948年(昭和23)から1949年にかけて、群馬県新田郡笠懸(かさがけ)村(現みどり市)岩宿(いわじゅく)の切り通しの赤土の中から、黒曜石片を発見した。これが深い地層のローム層からの出土であったことから、1949年明治大学考古学研究室と共同で発掘調査し、岩宿遺跡が旧石器時代のものと判明、日本で最初の旧石器時代遺跡の発見者となった。1967年岩宿遺跡発見により吉川英治賞を受賞。著書に自伝の『岩宿の発見』などがある。平成元年5月22日没。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相沢忠洋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相沢忠洋の関連情報

関連キーワード

五所平之助島津保次郎清水宏[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎溝口健二APEC衣笠貞之助田坂具隆舟崎克彦

他サービスで検索

「相沢忠洋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation