@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相生垣瓜人【あいおいがき かじん】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

相生垣瓜人 あいおいがき-かじん
1898-1985 昭和時代の俳人。
明治31年8月14日生まれ。大正9年浜松工教諭。「馬酔木(あしび)」同人をへて,昭和25年から静岡県で百合山羽公(ゆりやま-うこう)と「海坂(うなさか)」を共同主宰。51年「明治草」で蛇笏(だこつ)賞。「瓜人仙境」とよばれる独自の作風で知られた。昭和60年2月7日死去。86歳。兵庫県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は貫二。
【格言など】家にゐても見ゆる冬田を見に出づる(「微茫(びぼう)集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

相生垣瓜人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相生垣瓜人の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門スペースシャトル飛行記録[各個指定]芸能部門柴田翔朝鮮映画皮革工業丸山圭三郎内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフ

他サービスで検索

「相生垣瓜人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation