@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相続欠格【そうぞくけっかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

相続欠格
そうぞくけっかく
相続人となるべき者が法定非行を行なった場合,法律上,当然にその相続資格を失うこと (民法 891) 。欠格事由には,被相続人または相続について先順位,同順位にある者を殺害したり殺害しようとして処刑された場合,詐欺,強迫によって被相続人の遺言を妨げたり遺言をさせたりした場合,被相続人の遺言書を偽造変造破棄,隠匿した場合などがある。これらの欠格事由に該当する非行を犯した者は,相続開始時から当然に相続権を失うが,欠格者に子があれば,その相続分について代襲相続をすることができる (887条2項,901条1項) 。なお,相続欠格者は受遺者となることもできない (965条) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうぞくけっかく【相続欠格】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

相続欠格」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相続欠格の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation