@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相続法【そうぞくほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

相続法
そうぞくほう
相続に関する事項を規律する法規の総体をさし,そのおもなものは民法第5編相続に定められている。ときとして遺言法と対置させ,人の死亡により一定親族が法律上当然に遺産承継する狭義における相続関係 (法定相続) を規律する法のみをさすこともあるが,一般には遺言による相続をも含め人の死亡を原因とした財産の承継に関する一切の法をいう。 1947年の民法改正 (昭和 22年法律 222号) によって日本の相続法は全面的な改正を受け,家督相続制を廃止して共同・均分相続制を採用したうえ配偶者相続権を確立した。相続法は親族法とともに家族法 (身分法ともいう) を構成しているが,財産法的な色彩も強く,親族法的原理と財産法的原理が交錯する法分野である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうぞく‐ほう〔サウゾクハフ〕【相続法】
相続に関する法の総称。特に、相続について規定する民法第5編をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうぞくほう【相続法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうぞくほう【相続法】
相続に関して規定する法の総称。また、相続について定めた民法第五編をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

相続法
そうぞくほう
相続に関する法律。民法第五編(882条~1044条)がこれにあたる。民法第四編「親族」とともに、「身分法」または「家族法」とよばれ、「財産法」に対する。1947年(昭和22)の大改正によって、それまでの「家督相続」中心の制度から、純然たる個人の財産の承継という制度に一変した。[高橋康之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうぞく‐ほう サウゾクハフ【相続法】
〘名〙 相続に関する法の総称。特に民法第五編相続編のこと。〔仏和法律字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相続法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相続法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation