@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相続財産【そうぞくざいさん】

知恵蔵

相続財産
相続人の死亡時の所有財産遺産。不動産・預貯金・有価証券・借地権・貸付金・売掛金などのほか、借金などのマイナスの財産も含まれる。また相続人は、具体的な権利義務に限らず、被相続人の財産的な法律上の地位も引き継ぐ。ただし、被相続人の一身専属的な権利、例えば雇用契約上の従業員としての地位や、委任契約(弁護士に依頼する場合など)における委任者・受任者の地位などは相続されない。相続財産となるか否かが問題となる生命保険金については、基本的には生命保険契約で受取人とされた者(例えば妻)が生命保険金請求権を取得し、相続財産とはならない。税法上は相続により取得したものとみなされ、課税の対象となる場合がある。相続人(受取人)が相続放棄などをした場合でも、保険金請求権は失われない。ただし被相続人が自己を被保険者とし、かつ受取人とした場合は、被相続人の死亡により相続人がその地位を相続すると考え、この場合には生命保険金は相続財産に含まれる。死亡退職金や遺族年金の受給権者は法律や就業規則で定められているが、被相続人の遺族の生活を保障する趣旨で定められており、民法で定められた相続人とは必ずしも一致しない。原則的にはこれら受給権者は固有の権利として死亡退職金・遺族年金を取得するものとし、相続財産に含まれない。ただし死亡退職金については、税法上は相続税の対象となる場合がある。なお、香典、墓地、仏壇、系譜、祭具などは、相続財産にはならない。
(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

世界大百科事典 第2版

そうぞくざいさん【相続財産】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうぞくざいさん【相続財産】
相続により相続人が承継する財産。所有権・債権などの積極財産のほか、債務など消極財産も含む。遺産。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうぞく‐ざいさん サウゾク‥【相続財産】
〘名〙 相続人が相続によって承継した財産。被相続人の所有権、債権などの積極財産だけでなく、被相続人の債務などの消極財産をも含む。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうぞく‐ざいさん〔サウゾク‐〕【相続財産】
相続によって相続人被相続人から承継する一切の財産。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相続財産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相続財産の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation