@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相肩【あいかた】

大辞林 第三版

あいかた【相肩】
二人で物をかつぐときの相手。相棒。 -の忠介息杖かたげて/浄瑠璃・百合若大臣

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐かた あひ‥【相肩】
〘名〙
① ふたりで駕籠(かご)などを担ぐときの相手の者。相棒。
※俳諧・二葉集(1679)「向ひ駕籠泪(なみだ)をのせて行程に 観音せいし揃ふあひ肩〈林雪〉」
② ふたりで物を担ぐ時に、ふたりの肩が左右くいちがっていること。
※和訓栞(1777‐1862)「あひかた 〈略〉飛騨のあたりには左右の肩両人ちがひたるをいふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相肩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相肩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation