@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

相語【あいかたらう】

精選版 日本国語大辞典

あい‐かたら・う あひかたらふ【相語】
〘他ハ四〙 (「あい」は接頭語)
① 互いに語る。語り合う。面談する。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇一「あしひきの 山した水の こがくれて たぎつこころを たれにかも あひかたらはん〈よみ人しらず〉」
② 親しく交わる。恋愛関係になる。
※伊勢物語(10C前)一六「思ひわびて、ねむごろにあひかたらひける友だちのもとに」
③ 味方につける。仲間に引き入れる。
※太平記(14C後)一一「平泉寺の衆徒、折を得て、〈略〉自国、他国の軍勢を相語(あヒカタラ)ひ、七千余騎を率して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation