@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ジュン】

デジタル大辞泉

じゅん【盾】[漢字項目]
常用漢字] [音]ジュン(呉) [訓]たて
敵の攻撃から身を隠す武具。たて。「矛盾

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて【盾/×楯】
敵の矢・石・剣などを防ぐための板状の武具。手に持つ手盾と、地上に並べておく垣盾(かいだて)とがある。大きさや形はさまざまで、材料も木・皮・金属などがある。
防ぎ守る手段。また、自分の立場などを守るために使うもの。「証文を―に立ち退きを迫る」
表彰盾のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たて【盾 shield】
相手の攻撃から身を守る防御具。とも書く。主として地上に置いて用いる大型の置盾と,手に持って使う小型の持盾とがある。盾は,本体有機質でできているものが多いため,遺存例はそれほど多くはない。中国では,殷墟から木枠に革を張り,を塗った盾が出土しており,これには裏面中央に竪棒の把手がついている。戦国時代にも革製漆塗盾や,頂部が山形をした木製漆塗盾があり,漢代には,画像石や陶俑から,長方形をした持盾が使用されていたと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


たて
敵の攻撃から身を守るための防御用具。楯とも書く。棍棒(こんぼう)、槍(やり)、弓矢などの攻撃用具が狩猟などの食糧獲得のためにも用いられるのに対し、盾はほとんどの場合、人間同士の戦闘の際に用いられるという点で大きく異なっている。盾の材質としては、木材、樹皮、動物の皮革、竹や籐(とう)などを編んだもの、金属、布などさまざまなものが世界各地の諸民族の間で用いられてきた。また、盾の形状も、棒状のものから、円形、楕円(だえん)形、四角形のものまでさまざまである。盾の大きさも、体の一部分のみを守るためのものか、体全体を守るためのものか、また、個人用のものか、集団用のものか、あるいは、手に持って用いる持盾(もちたて)、手盾(てだて)か、地上に置いて用いる置盾かによって異なっている。しかし、盾の大きさには材質や形状による制限があり、とくに盾を持って移動しながら用いる場合には、その重量上の制限が大きな問題となってくる。また、盾を持つには少なくとも一方の手を用いなければならず、棍棒や槍などの片手で扱う攻撃用具とともに用いる場合にはほとんど問題がないが、両手を用いる弓矢の場合には盾を使用することが困難となる。したがって、そのような場合には、手で持つ形式の盾ではなく、体に取り付ける形式の盾がしばしば用いられる。この形式を発展させれば、甲冑(かっちゅう)となる。盾に関して初めて体系的な研究を行ったイギリスのピット・リバーズは、進化論的立場から、盾の起源を棒に求め、それがしだいに板状となり、さらに楕円状、繭状に発展したと論じた。また、フランスのモンタンドンは、盾を棒盾、肩盾、正常盾の3種類に、さらに正常盾を植物製、動物製、アジア式に分類した。しかし、このような研究は現在ではあまり重視されていない。むしろ、盾には持つ者を危険から守る力をもつとされる模様や、相手を恐れさせるための模様などが描かれることが多いという点に注目して、盾やその模様のもつ象徴的な意味を考察するような研究が進められている。[栗田博之]

日本

木や鉄、革などでつくった長方形の板で、矢石を防ぐ軍陣の具である。また神前や儀式に立てて威儀の具ともした。表には彩色したり、紋様をつけ、裏には立てるための支柱、手に持って手楯とする場合の取っ手をつけたりする。また応急の、ありあわせの板を横木に結び付けた掻楯(かいだて)、多くの楯を連続させた帖楯(じょうだて)・畳楯(たたみだて)などもある。
 古く祭器としての製作も記紀にみえ、旗・鉾(ほこ)とともに神前・宮前を飾った。『延喜式(えんぎしき)』には革製の楯、また製作者集団として楯縫部(たてぬいべ)の名の記載がある。古墳に埴輪(はにわ)として立てられ、また奈良時代の宮門守護の隼人(はやと)所用と推定される、朱・黒・白の渦巻紋の大楯が、平城宮址(し)より出土し、『日本書紀』にいう白楯・黒楯の存在、推古(すいこ)紀の大楯に絵を描くという記事を裏づけている。
 また大和(やまと)(奈良県)の三輪(みわ)神社には鉄板鋲(びょう)留めの鉄の古代の大楯が伝世する。古代は上辺を山形・三山形としたものもあったが、中世以後は、長方形の木板が一般的となり、弓射戦の盛行とともに軍陣での必要は増した。表に二引両(2条線)や家紋を墨書した形式の楯が、『前九年合戦絵巻』などに描かれている。中世中ごろから集団戦が行われるとともに、連続した帖楯や畳楯が、また鉄砲伝来とともに、銃眼を、城郭の狭間(はざま)状に楯の表に切りあけた楯なども出現する。しかし、戦闘法や築城法の変化とともにしだいに廃れ、近世には、車楯(くるまだて)などという、移動に便利な板楯も考案されたが、より軽便で、鉄砲などに防具として効果的な竹束の楯などに変わっていき、ついにはあまり用いられなくなった。[齋藤愼一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

盾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation