@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

県内の待機児童数

朝日新聞掲載「キーワード」

県内の待機児童数
保育所に入れない県内の待機児童は、4月1日現在で875人。前年同月比で2・2倍余りに増えた。岡山市が待機児童を判断する基準を市独自で変えたため、同約5倍の729人に増えたことが要因だ。他の自治体では、倉敷市111人(前年同月比69人減)、総社市27人(同31人減)、早島町8人(同13人減)ですべて減っている。 自宅や職場に近いなど特定の保育所を希望して入所しない「隠れ待機児童」は岡山市614人(同190人減)、倉敷市134人(同23人減)、総社市24人(同12人増)。 国の定義では「待機児童ゼロ」の津山浅口、真庭3市にもいる。保育所に入れていない児童は県内に計1663人(同263人増)いる。
(2016-07-31 朝日新聞 朝刊 岡山全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

県内の待機児童数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

県内の待機児童数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation