@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

県内の梨栽培

朝日新聞掲載「キーワード」

県内の梨栽培
江戸時代の1769(明和6)年、八幡地方(現在の市川市八幡地区)で寺子屋師匠をしていた川上善六が、美濃国(現在の岐阜県)からとり入れたのが始まりとされる。温暖な気候に加え、肥沃(ひよく)で水はけが良い火山灰土壌が多く、県北西部を中心に栽培が広がった。1888(明治21)年には松戸市内で「二十世紀」が生まれた。2017、18年の農林水産統計では、県内の栽培面積は1480ヘクタール、収穫量は3万400トン、産出額は150億円でいずれも全国一。15年農林業センサスによると、県内では約1300軒の農家を栽培している。
(2019-08-21 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

県内の梨栽培」の用語解説はコトバンクが提供しています。

県内の梨栽培の関連情報

関連キーワード

ヘルダーナポレオン[1世]オールドタウンクレメンス13世クレメンス14世馬鹿面有珠山アークライト青木昆陽安宅松

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation