@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

真冬日【まふゆび】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

真冬日
まふゆび
ice day
最高気温が 0℃未満の日ともいう。真冬日には氷やが一日中溶けない。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 75日,札幌 45日,仙台 2日,新潟 1日,その他東京,古屋,京都,大阪,福岡,鹿児島那覇では 0日である。北海道で多く,本州では内陸で多く軽井沢 20日,長野 7日,高山 10日である。東京の真冬日は,1876年の観測開始から 4回のみで,1967年2月12日以降は観測されていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

真冬日
一日の最高気温が〇℃未満の日。最低気温が〇℃未満の日が冬日。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

まふゆび【真冬日 ice day】
日最高気温が0℃未満の日をいう。氷や霜が1日中融けることがないような寒い日を示す指標である。また,日最低気温が0℃以下になる日を冬日といい,雪や霜のおそれのある日である。いずれもこれらの日数の統計値は寒い期間の長さを示す気候値として用いられる。なお,1951‐80年の11月から3月の平均真冬日日数は東京0日,札幌50日である。【岡村 存】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

真冬日
まふゆび

日最高気温が0℃未満の日をいう。別に、日最低気温が0℃未満の日を冬日という。真冬日は、北に多く南に少なく、また内陸部に多く海岸部に少ない、という傾向がある。平均真冬日日数は、旭川(あさひかわ)80、仙台3、東京0、大阪と那覇なし、となっている。

[平塚和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まふゆ‐び【真冬日】
〘名〙
① 真冬の昼間。
② 冬のさなかの日。
③ 真冬の太陽。
④ 気象で、一日の最高気温が摂氏〇度未満の日をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

真冬日
真夏日」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

まふゆ‐び【真冬日】
1日の最高気温がセ氏零度未満の日。→冬日真夏日

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真冬日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真冬日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation