@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

真山青果【まやませいか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

真山青果
まやませいか
[生]1878.9.1. 仙台
[没]1948.3.25. 静岡
小説家,劇作家。第二高等学校医学部中退後,薬局生,代診など職を転々とし,1905年文学を志して小栗風葉に師事。 07年代診時代の生活に取材した小説『南小泉村』で一躍文名をあげ,『癌腫』 (1908) ,『家鴨飼』 (08) などで正宗白鳥と並ぶ自然主義文学の新進と目された。一方,早くから劇作にも志し,07年『第一人者』をはじめ,イプセンの影響濃い諸作を世に問うた。 11年不祥事件によって文壇から身をひいたが,14年松竹に入社,亭々生という名で『雲の別れ路』 (17) など,多くの作品や脚本を新派に提供した。 24年戯曲『玄朴と長英』を発表して文壇に復帰,以後『平将門』 (25) ,『反逆時代の将門』 (26) などの佳作を次々に発表,劇壇の重鎮となった。 34~41年2世市川左団次と提携して書き継がれた大作『元禄忠臣蔵』 (10編) は,昭和新歌舞伎の古典とされている。ほかに考証学者として井原西鶴,滝沢馬琴造詣が深く,『仙台方言考』などの著述もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まやま‐せいか〔‐セイクワ〕【真山青果】
[1878~1948]劇作家小説家。宮城の生まれ。本名(あきら)。小栗風葉に師事し、自然主義作家として出発、のち劇作に転じ、多くの戯曲を発表。また、西鶴馬琴などの考証にもすぐれた業績を残した。小説「南小泉村」、戯曲「玄朴と長英」「平将門」「元禄忠臣蔵」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

真山青果 まやま-せいか
1878-1948 明治-昭和時代の劇作家。
明治11年9月1日生まれ。二高医科を中退し,小栗風葉(おぐり-ふうよう)に師事。明治40年小説「南小泉村」を発表して自然主義の新鋭と期待されたが,44年原稿二重売り事件で文壇からはなれた。大正2年松竹にはいり,新派の座付き作家となる。のち「玄朴と長英」「平将門(まさかど)」「元禄(げんろく)忠臣蔵」などの歴史劇を発表。芸術院会員。昭和23年3月25日死去。71歳。宮城県出身。本名は彬(あきら)。
格言など】昔から,第一人者は仆(たお)るべき運命がある(「第一人者」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まやませいか【真山青果】
1878‐1948(明治11‐昭和23)
小説家,劇作家。本名彬。仙台市に生まれた。1900年二高医学部を中退,薬局生,代診などをして放浪の後,上京して小栗風葉門に入り,07年5月《新潮》に発表した《南小泉村》により,自然主義小説家として認められた。一方,イプセンの影響のもとに戯曲《第一人者》(1907)以下を発表,劇作家としても注目された。07年原稿二重売り事件のために文壇を遠ざかり,13年喜多村緑郎に誘われて松竹に入社,新派座付作者となり,亭々生の筆名で多くの創作,脚色を手がけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まやませいか【真山青果】
1878~1948 劇作家・小説家。仙台生まれ。本名、彬あきら。小栗風葉に師事、自然主義作家として立つが、のち劇界に転じ多くの戯曲を発表。戯曲「玄朴と長英」「元禄忠臣蔵」「平将門」、小説「南小泉村」、研究書「西鶴語彙考証」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

真山青果
まやませいか
(1878―1948)
劇作家、小説家、考証家。本名彬(あきら)。明治11年9月1日宮城県仙台に生まれる。第二高等学校医学部中退後、病院の薬局生や代診医を勤めたのち上京し、佐藤紅緑(こうろく)、小栗風葉(おぐりふうよう)に師事した。東北の農民の姿を非情な眼(め)でとらえた小説『南小泉村』(1907~09)の連作や『茗荷畑(みょうがばたけ)』(1907)で、自然主義の新進作家として認められた。が、二度にわたる原稿二重売り事件を引き起こして文壇を退き、1913年(大正2)末、喜多村緑郎(きたむらろくろう)の勧めで松竹に入社、新派劇の座付作者となった。新派作者時代は亭々生(ていていせい)と号し、脚本『実花仇花(みばなあだばな)』『朝霧小唄(こうた)』『雲の別れ路(じ)』や、『酒中日記』の脚色などにあたった。24年(大正13)発表の一幕物『玄朴(げんぼく)と長英(ちょうえい)』が好評を博し、文壇復帰のきっかけとなる。引き続き史劇の連作『平将門(まさかど)』(1925~26)をはじめ、『大塩平八郎』(1926)、『桃中軒雲右衛門(とうちゅうけんくもえもん)』(1927)、『坂本龍馬(りょうま)』(1928)、『乃木(のぎ)将軍』(1929~30)や三部作『江戸城総攻(そうぜめ)』(1926~34)など力強いタッチの大作を次々に発表上演して、商業劇壇の第一人者となった。さらに、綿密な考証と独自の人物解釈による10編の連作『元禄(げんろく)忠臣蔵』(1934~41)が上演され、青果史劇の頂点を示すこととなった。厳密周到な歴史考証のもとに、人物の性格的対立や葛藤(かっとう)を描く性格悲劇、歴史劇、伝記劇が多い。ほかに、西鶴(さいかく)、馬琴(ばきん)、江戸地誌、仙台方言などの考証にも力を注ぐ。42年(昭和17)芸術院会員となった。昭和23年3月25日没。生誕百年を記念して『真山青果全集』が再編集され刊行された。新制作座の主宰者で劇作家・演出家の真山美保(みほ)(1922―2006)はその娘。[藤木宏幸]
『『真山青果全集』本巻18・補巻5・別巻2(1975~78・講談社) ▽大山功著『真山青果 人と作品』(1978・木耳社) ▽野村喬著『評伝真山青果』(1994・リブロポート) ▽田辺明雄著『真山青果――大いなる魂』(1999・沖積舎)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まやま‐せいか【真山青果】
小説家、劇作家。本名彬(あきら)。宮城県出身。佐藤紅緑、小栗風葉に師事。自然主義的な「南小泉村」により作家としての地位を築く。のち戯曲に転じ、劇壇の中心となる。代表作に「第一人者」「玄朴と長英」「元祿忠臣蔵」など。明治一一~昭和二三年(一八七八‐一九四八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真山青果」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真山青果の関連情報

関連キーワード

新藤兼人チャイコフスキーおもなお雇い外国人木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation