@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

真打ち【しんうち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

真打ち
しんうち
落語,講談浪花節など,寄席で最後に演ずる芸人,また,その資格を有する芸人の地位をさす。落語家にとっては最高の位で,前座二つ目を経て,師匠や協会幹部,関係者などから,ふさわしい技量を認められ,推挙された者が承認される。昇進の際には披露興行が催される。ただし,大阪 (上方) 落語では興業形態の違いのため真打ちの呼称は用いていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真打ち」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真打ちの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation