@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

真昼の決闘

デジタル大辞泉プラス

真昼の決闘
1952年製作のアメリカ映画。原題《High Noon》。ゲイリー・クーパー、グレース・ケリー主演の西部劇映画。監督:フレッド・ジンネマン、共演:トーマス・ミッチェル、リー・バン・クリーフほか。第25回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同主演男優賞(ゲイリー・クーパー)、編集賞、劇・喜劇映画音楽賞、歌曲賞(「ハイヌーン」)受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まひるのけっとう【真昼の決闘】
High Noon》米国の映画。1952年作。監督はフレッド=ジンネマン。出演はクーパーケリーほか。結婚して町を去ろうとしていた元保安官が、彼に恨みを抱くならず者たちの報復に対峙するさまを描く。第25回米国アカデミー賞で4部門を受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まひるのけっとう【真昼の決闘 High Noon】
1952年製作のアメリカ映画。フレッド・ジンネマン(1907‐97)監督作品。〈リアリズム西部劇〉の傑作として知られる。日曜日,自分自身の結婚式の当日にもかかわらず,保安官は復讐にくる殺し屋とその一味を迎えて決闘しなければならないという,西部劇としてはごくありきたりの物語を,緻密(ちみつ)な心理描写(花嫁や町の人々から協力を得られぬ孤立無援の保安官の焦躁,苦悩など)や時間的なリアリズム(殺し屋が乗ってやってくる列車が町に到着する正午までの1時間20分を,たえず時計を画面に見せながら,正確に〈同時進行形〉で描く,等々)で構成し,ホームドラマと恋愛映画を西部劇のなかにもちこんだジョージ・スティーブンズ監督《シェーン》(1953)などとともに,西部劇を子ども向けの活劇からおとなの映画に変えた画期的な作品である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

真昼の決闘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真昼の決闘の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広斎藤寅次郎級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

他サービスで検索

「真昼の決闘」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation