@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

真書【シンカキ】

デジタル大辞泉

しん‐かき【真書(き)】
楷書の細書きに用いる。真書き筆。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐しょ【真書】
《真体の文字の意》漢字を楷書で書くこと。また、その書体
真実の事柄を記した文書書物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐かき【真書】
〘名〙
① 楷書(かいしょ)
※万金産業袋(1732)一「消息とは俗にいふ日記筆の事。又中字、真書等までも、右毛のうちにてゆふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐しょ【真書】
〘名〙
① (━する) (真体の文字の意) 漢字を楷書体で書くこと。また、その書体。
※令義解(718)公式「凡公文。悉作真書。凡是簿帳。科罪。計贓。過所。抄牓之類有数者。為大字」 〔金石林諸論‐真書〕
② 真実の事柄を書きしるした文書。事実を書いた書物。「真書太閤記」など。
③ 貴人または敬愛する人が手づから書いたものであることが確かな文書、あるいは書物。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation