@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

真木和泉【まき いずみ】

美術人名辞典

真木和泉
幕末の志士筑後久留米水天宮祀官。名は保臣、は紫灘、和泉通称である。『大夢記』『義挙和文』などを著わし、京都で尊攘運動を展開するが、禁門の変に敗れた。元治元年(1864)歿、52才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

まき‐いずみ〔‐いづみ〕【真木和泉】
[1813~1864]幕末の尊攘派志士。筑後の人。本名、保臣(やすおみ)。水戸藩藩政改革寺田屋事件七卿落ちなどに参加。長州兵とともに上洛し、蛤御門(はまぐりごもん)の変に敗れて自刃した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

真木和泉 まき-いずみ
1813-1864 江戸時代後期の尊攘(そんじょう)運動家。
文化10年3月7日生まれ。真木旋臣(としおみ)の長男。筑後(ちくご)(福岡県)久留米の水天宮祠官(しかん)。江戸,水戸に遊学し,会沢正志斎の影響をうける。尊攘を説き,嘉永(かえい)5年久留米藩政改革をめざしたが失敗,幽閉の身となった(嘉永の獄)。文久2年脱藩し討幕に奔走するが,禁門の変に敗れ,元治(げんじ)元年7月21日天王山で自害。52歳。名は保臣(やすおみ)。字(あざな)は興公,定民。号は紫灘。変名に浜忠太郎。
格言など】我一歩を退(さ)くれば彼一歩を進め,我一日優游すれば彼一日精熟す(「魁殿物語」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まきいずみ【真木和泉】
1813‐64(文化10‐元治1)
幕末の志士。久留米水天宮神官。名は保臣。従五位下和泉守の官位をもち通称和泉。1844年(弘化1)水戸に従学,会沢正志斎の教えをうける。52年(嘉永5)久留米藩の藩政改革を志し失敗,10年間蟄居(ちつきよ)。62年(文久2)脱藩,上京し討幕を企てたが寺田屋事件で失敗,再度久留米藩幽囚となる。翌年許され上京,討幕を決行せんとしたが,文久3年8月18日の政変で長州退去。翌年挙兵上京したが禁門の変に敗れ,天王山で自殺

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まきいずみ【真木和泉】
1813~1864 幕末の尊攘派の志士。久留米水天宮の祠官。名は保臣。通称、和泉守。七卿落ちの際、ともに長州藩に逃れる。蛤御門はまぐりごもんの変で敗れ、天王山で自殺した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

真木和泉
まきいずみ
[生]文化10(1813).3. 久留米
[没]元治1(1864).7.21. 山崎
幕末の尊攘派浪士。本名は保臣。和泉守と称した。久留米の神官の家に生れ,天保 15 (1844) 年江戸に出て,会沢安,安井息軒らと交遊し水戸学の影響を受けた。京都で中山忠能に仕え,また久留米藩士として藩政改革に従事したが,嘉永5 (52) 年処分を受けた。文久2 (62) 年尊王攘夷運動が高まると脱藩して上洛し,長州藩勢力と提携して攘夷政策を推進。翌3年6月学習院出仕となり,「五事建策」を朝廷に提出して攘夷親征を進言した。文久三年八月十八日の政変で京都を脱出して長州に退き,翌年禁門の変で敗れ山崎天王山で自決した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

真木和泉
まきいずみ
(1813―1864)
幕末の尊攘派(そんじょうは)志士。久留米(くるめ)水天宮神官。名は保臣(やすおみ)、従(じゅ)五位下和泉守(いずみのかみ)と称す。1844年(弘化1)水戸(みと)遊学後、久留米藩内に尊攘派(天保(てんぽう)学連)を結成。1852年(嘉永5)藩政改革を企てたが失敗し蟄居(ちっきょ)。1862年(文久2)脱藩、鹿児島に走り、ついで上京直後、寺田屋の変に会い、ふたたび久留米藩幽閉となる。翌年許され上京、三条実美(さんじょうさねとみ)の信任を得、大和行幸(やまとぎょうこう)、討幕挙兵を画策したが、八月十八日の政変により七卿(しちきょう)を奉じ長州へ退去。1864年(元治1)長州藩兵とともに上京し幕府軍と戦ったが敗れ(蛤御門(はまぐりごもん)の変)、天王山で諸藩出身の浪士16人と自刃した。彼は毎年5月楠公祭(なんこうさい)を催し、蟄居当時から討幕、王政復古を主張した。[山口宗之]
『真木保臣先生顕彰会編『真木和泉守遺文』(1913・伯爵有馬家修史所) ▽宇高浩著『真木和泉守』(1934・菊竹金文堂) ▽山口宗之著『真木和泉』(1973・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

真木和泉 (まきいずみ)
生年月日:1813年3月7日
江戸時代末期の尊攘派志士
1864年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

真木和泉
まきいずみ

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真木和泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真木和泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation