@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

真空溶解【しんくうようかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

真空溶解
しんくうようかい
vacuum smelting
真空中または低圧アルゴンヘリウムなどの不活性ガス雰囲気中で金属材料を溶解し,不純物の解離揮発を促して高純度材料を得る精製法。溶解には電気抵抗炉高周波誘導炉アーク炉,電子ビーム溶解などが用いられる。容器は高純度のマグネシアジルコニア黒鉛などのるつぼ,水冷銅るつぼが使われる。溶解金属と反応しない材料を選択する。溶解後は同じ雰囲気内で容器を傾けて鋳造する方式が多い。高級な特殊合金鋼・耐熱合金の製造,銅,モリブデンニオブタンタルチタンジルコニウムウランなどの精製に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんくうようかい【真空溶解 vacuum melting】
真空容器内で金属材料を溶解する方法。真空で溶解することにより,脱酸素脱水素脱窒素などの脱ガス,蒸気圧の高い不純物元素の除去,非金属介在物の低減などが可能となり,高温での品質が重要である耐熱材料,耐用寿命や信頼性が要求される高品質材料の溶解や鋳造に使用される。真空溶解法には誘導炉法,アーク炉法,電子ビーム炉法などがある。真空誘導溶解法では,10-1~10-3mmHgまたは不活性ガス雰囲気の真空容器内に設置された誘導炉で金属を溶解し,鋳造する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

真空溶解」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真空溶解の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation