@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

真空開閉器【しんくうかいへいき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

真空開閉器
しんくうかいへいき
vacuum switch

真空容器中に封入された接触部で開閉を行わせる開閉器(スイッチ)。水銀柱100万分の1(10-6)ミリメートル以上の真空中では絶縁耐力が非常に高いので、その中でアークが発生してもただちに消弧(しょうこ)する。このため電流さい(裁)断現象を生じ、過大電圧発生の原因となった。しかし、接点材料により電流の遮断現象が異なることがわかり、適切な接点材料の採用により解決された。短絡電流を遮断できるものもあり、これは真空遮断器とよばれる。

[岡村正巳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真空開閉器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真空開閉器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation