@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

真言【しんごん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

真言
しんごん
mantra
曼怛羅と音写される。真実の言葉の味で,神呪,密呪などとも訳される。菩薩本誓やその教えのこもった秘密の言葉を示し,中国,日本でも原語のまま音写して称えられる。密教では,この真言の文字を観じる阿字観などが行じられたり,またこれを称えて罪障を滅したり,即身成仏の悟りを開くとすることが教えられている。なかでも「光明真言」がきわめて多く称えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐ごん【真言】
《〈梵〉mantraの訳》いつわりのない真実の言葉。密教で、仏・菩薩(ぼさつ)などの真実の言葉、また、その働きを表す秘密の言葉をいう。明(みょう)・陀羅尼(だらに)・呪(じゅ)などともいう。
真言宗」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんごん【真言】
密教において,もろもろの仏・菩薩あるいは諸天に呼びかけて祈請し,あるいは儀式効力を賦与するために唱える呪文サンスクリットではマントラmantra。あるいは他者恩恵祝福を与え,自らの身を護り,精神を統一し,あるいは悟りの智慧(明知。ビドヤーvidyā)を獲得するために誦する神秘的な威力をもつ言詞。マントラとは〈思考する〉〈崇拝する〉を意味する動詞の語根manに用具を意味する接尾辞traを加えたもので,〈それをもって思考する〉あるいは〈崇拝するところのもの〉の意。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

真言
しんごん

密教における仏菩薩(ぶつぼさつ)などの本誓(ほんぜい)(人々を救済しようとするもとの願い)を表す秘密語、密呪(みつじゅ)。サンスクリット語のマントラmantraの訳。呪(しゅ)、神呪(しんしゅ)などとも。比較的短い呪を真言、長い呪を陀羅尼(だらに)という。思念する意のマンという動詞に、器を意味するトラが結成したと解されるので、思念の器を原義とする。また、思念する意のマンと、守護するまたは救済する意のトラーとの合成とみて、思念する者を救済すると解される。マントラは古代インドの聖典『アタルバ・ベーダ』などでは種々の呪的な言詞をさし、その多くは呪術を伴うものであった。

 密教はこの語を取り入れて、真言は諸仏菩薩などのことばとして用いられ、真実な語を意味するようになった。真言を説く諸尊の種別から、(1)如来(にょらい)説、(2)菩薩金剛(こんごう)説、(3)二乗(声聞(しょうもん)乗、縁覚(えんがく)乗)説、(4)諸天説、(5)地居天(じごてん)説に分類する。(1)(2)(3)は聖者の真言、(4)は諸天衆の真言、(5)は地居天衆の真言という。また、(4)(5)をまとめて諸神の真言ともいう。真言の頭初には帰依(きえ)を表すオームom(唵(おん))またはナマスnamas(南無)を冠し、末尾には吉祥(きっしょう)を意味するスバーハsvāhā(蘇婆訶(そわか))の語を用いる場合が多い。

[宮坂宥勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐ごん【真言】
〘名〙 仏語。
① (mantra の訳語) 仏菩薩などの、いつわりのない真実のことば。種々の異名があり、明(vidyā の訳語)・陀羅尼(dhāraṇī の訳語)・呪などともいう。明は真言のはたらきが無明煩悩を破するに比したもの。また身に現ずるものを明、口に説くものを真言陀羅尼という。陀羅尼は記憶の意。また、真言の長いものを陀羅尼、短いものを真言といい、一字二字などのものを種子という。ただし普通は互いに混用する。呪はこれを誦するとき、霊験が現われるところからいう。
※凌雲集(814)謁海上人〈仲雄王〉「字母仏三乗、真言演四句
※源氏(1001‐14頃)薄雲「さらに、仏のいさめ守り給ふしむこんの深き道をだに、かくしとどむる事なく、ひろめつかうまつり侍り」
※観智院本三宝絵(984)下「宣旨云、真言のおもき道石いまだこの国につたはらず」
※太平記(14C後)二「壮年の比より醍醐寺に移住して、真言の大阿闍梨たりしかば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真言の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation