@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

真諦【シンタイ】

デジタル大辞泉

しん‐たい【真諦】
仏語。絶対不変の真理。究極の真実。第一義諦。勝義諦。⇔俗諦(ぞくたい)
しんてい(真諦)1」に同じ。
「文学の―に触れるもの」〈寅彦・科学と文学〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しんだい【真諦】
《〈Paramārtha》[499~569]インドの僧。梵語(ぼんご)経典を持って中国に渡り、梁(りょう)末の戦乱で各地を転々とした。その間、金光明経摂大乗論・中辺分別論・大乗起信論など多くの典籍訳した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐てい【真諦】
事物や思想の根本にあるもの。本質をとらえた極致。「ルネサンス絵画の真諦」「幽玄の真諦
しんたい(真諦)1

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんだい【真諦 Zhēn dì】
499‐569
中国,南朝の梁・陳時代の外来。西インドのウッジャイニー国のバラモンの出身で,パラマールタParamārthaといい,漢訳して真と称した。梁の武帝の招きに応じ,扶南国から広州をへて548年(太清2)に建康(南京)に着いたが,侯景の乱にあい,各地を転々としながら,経論の漢訳と著述に専念した。無著撰《摂大乗論》などの唯識系統の論を訳し,〈摂論(しようろん)宗〉のとされ,またクマーラジーバ(鳩摩羅什)および玄奘(げんじよう)とともに中国仏教史上の三大翻訳家の一人といわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

真諦
しんだい
Paramārtha
[生]499
[没]太建1(569)
西インドの僧。インド名パラマールタ。中国,梁の武帝に招かれて,中大同1 (546) 年中国に渡る。『金光明経』『大乗起信論』『摂大乗論』『倶舎論釈』など 64部,278巻の経論を訳出している。摂論宗開祖といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真諦
しんたい
真俗二諦」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

真諦
しんだい
(499―569)

インド出身の訳経僧。サンスクリット名パラマールタParamārtha。西インド、ウジャインの出身。交州(こうしゅう)(ハノイ)在留中、梁(りょう)の武帝(蕭衍(しょうえん))の招聘(しょうへい)に応じて中国に渡り、広州を経て、548年建康(けんこう)(南京(ナンキン))に到着した。しかし、おりから梁末の動乱で、呉の富春(ふしゅん)、江西(こうせい)の予章(よしょう)、南康(なんこう)、始興(しこう)などに流浪を余儀なくされ、十分な訳場(やくじょう)も用意されずに苦労を重ねた。558年、予章から東海岸の晋安(しんあん)に赴き、ついで南越(なんえつ)を経て西帰しようとしたが機会を得ず、562年出航したものの台風のため広州に再上陸した。さいわい広州刺史(しし)欧陽(おうようぎ)(498―563)父子の保護を得て、ようやく安住し、569年71歳で示寂した。

 この間、およそ50部120巻の翻訳と、経論の釈疏(しゃくしょ)などの著述があると伝えるが、現存するのは『決定蔵論(けつじょうぞうろん)』『大乗起信論(だいじょうきしんろん)』『金光明経(こんこうみょうきょう)』(一部)、『無上依経(むじょうえきょう)』『仏性論(ぶっしょうろん)』『中辺分別論(ちゅうへんふんべつろん)』『宝行王正論(ほうぎょうおうしょうろん)』『摂大乗論釈論(しょうだいじょうろんしゃくろん)』『倶舎論釈論(くしゃろんしゃくろん)』など30部である。真諦はこのうち『摂大乗論』の訳出と講釈を畢生(ひっせい)の任務とし、その弟子たちの間からのちに摂論(しょうろん)宗が生まれた。のちに玄奘(げんじょう)から批判されたとはいえ、無著(むじゃく)・世親(せしん)の唯識(ゆいしき)説の全貌(ぜんぼう)を最初に中国に伝えた点で、彼の功績は大きい。

[高崎直道 2016年11月18日]

『宇井伯寿著『印度哲学研究 第6巻』(1930・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐たい【真諦】
〘名〙
① 仏語。
(イ) 一般に出世間的な仏教の真理をいい、また仏教の真理に目ざめた人のみが知っている事柄をさす。第一義諦。実相。真如(しんにょ)。⇔俗諦
※法華義疏(7C前)一「若照真諦実智。照俗諦権智」 〔摩訶僧祇律‐三三〕
(ロ) 王法(国法や道徳)に対する仏法の意。
※末法燈明記(801)「仁王・法王互顕而開物、真諦・俗諦逓因而弘教」
※心理文学の発展とその帰趨(1930)〈瀬沼茂樹〉浪漫的心理描写「すでに内部生命の観察をもって文学の真諦(シンタイ)であると主張した浪漫主義者透谷でさえも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐てい【真諦】
〘名〙
① 真の道理。思想、芸術その他物事の根本義。奥義。
※仮名草子・古活字版竹斎(1621‐23頃)上「じゃうははその年月までかたうをまなびても、いまだしんていにたらざるや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真諦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真諦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation