@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

真鰯【マイワシ】

デジタル大辞泉

ま‐いわし【真×鰯】
ニシン目ニシン科の海水魚。全長約20センチ。体は細長く、やや側扁する。背側は青緑色で、体側に1~3列の黒点が並ぶ。植物プランクトンを主食とし、沿岸の表層を回遊する。食用、また養魚の餌とする。大きさにより、しらす・ひらご・小羽・中羽・大羽とよばれる。ななつぼし。いわし。
カタクチイワシのこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

真鰯 (マイワシ)
学名:Sardinops melanostictus
動物。ニシン科の海水魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ま‐いわし【真鰯】
〘名〙 ニシン目ニシン科の海産魚。全長約二五センチメートルに達する。背方は暗青色で腹方は銀白色を呈し、体側に七個内外の小黒斑が並ぶ。うろこはきわめて離れやすい。大きさによって小羽・中羽・大羽イワシに分け、体長三センチメートルぐらいまでの体の透明な時期の稚魚は他のイワシ類の同様のものとともにシラスという。日本各地、サハリン、中国、台湾の沿岸に分布し、群をなして季節回游をする。多い時にはイワシ漁獲高の大半を占める重要な食用魚で、肥料にもされるが、漁獲高が極めて少なくなる時もある。いわし。ななつぼし。ひらご。《季・秋》
※ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦明平〉一「秋にはマイワシが入ってくるのを地引網で引くのであって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真鰯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真鰯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation