@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

眠れる森の美女(チャイコフスキーのバレエ曲)【ねむれるもりのびじょ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

眠れる森の美女(チャイコフスキーのバレエ曲)
ねむれるもりのびじょ
Спящая красавица/Spyashchaya krasavitsa

ロシアの作曲家チャイコフスキーのバレエ曲。プロローグと三幕からなる。同名のペロー童話をフセボロジュスキーが脚色、M・プチパの構成台本と振付けによって、1890年ペテルブルグのマリンスキー劇場で初演された。プロローグはオーロラ姫の誕生の命名式。妖精(ようせい)たちが姫を守ることを誓うが、式に招かれなかった魔女カラボスは姫に呪(のろ)いをかける。第一幕は姫の16歳の誕生日の祝宴。各国から求婚のためやってきた王子4人と姫との変型のローズ・アダージョなどが踊られる。カラボスが現れて姫に紡錘を渡し、その紡ぎ針に触れた姫をはじめ一同は百年の眠りにつく。第二幕は百年後。狩にきた王子がリラの精と出会い、深い森に眠っているオーロラ姫を救い出す。第三幕は姫と王子の結婚式。ペロー童話の主人公の踊りなどさまざまな踊りが踊られる。この作品からは、不死性への願望と宮廷バレエ時代の結婚の祝宴の痕跡(こんせき)が鮮やかに読み取られるが、今日でもさまざまな演出で演じられている。

[市川 雅]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眠れる森の美女(チャイコフスキーのバレエ曲)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

眠れる森の美女(チャイコフスキーのバレエ曲)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation