@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

眠・睡【ねぶい】

精選版 日本国語大辞典

ねぶ・い【眠・睡】
〘形口〙 ねぶ・し 〘形ク〙 =ねむい(眠)
※俳諧・雑談集(1692)上「鼠壁いよいよねぶし秋の暮〈普船〉」
ねぶ‐げ
〘形動〙
ねぶ‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねぶた・い【眠・睡】
〘形口〙 ねぶた・し 〘形ク〙 =ねむい(眠)
※多武峰少将物語(10C中)「とまりて独りねしたまふころ、いかにねぶたからず覚すらむと」
ねぶた‐げ
〘形動〙
ねぶた‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねぶり【眠・睡】
〘名〙 (動詞「ねぶる(眠)」の連用形の名詞化) ねぶること。ねむり。
※蜻蛉(974頃)上「ねぶりもせられず、いそがしからねば」
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「汽車の留った為に、眠(ネブ)りが調子を失って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねぶ・る【眠・睡】
〘自ラ五(四)〙
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「酒を得るに及至(いた)りて頭各一槽(かしらををのをのひとつのさかふねにをとしい)れて飲む。酔ひて睡(ネフル)
※蜻蛉(974頃)中「いらへもせであるに、ねぶるかと思ひし人、いとよくききつけて」
※竹取(9C末‐10C初)「竹取の翁、さばかり語らひつるが、さすがに覚えてねふりをり」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉二「つい其処に一艘の小舟が眠(ネブ)って居る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねむ・い【眠・睡】
〘形口〙 ねむ・し 〘形ク〙 ねむりたい気持である。ねむたい。ねぶい。ねぶたい。
※御伽草子・福富長者物語(室町末)「みちみちねむかりしも、これに目さめて」
※人情本・英対暖語(1838)二「アレまだ私は寐むくも何ともござゐませんから」
ねむ‐が・る
〘自ラ五(四)〙
ねむ‐げ
〘形動〙
ねむ‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねむた・い【眠・睡】
〘形口〙 ねむた・し 〘形ク〙 =ねむい(眠)
※両足院本山谷抄(1500頃)四「此時、谷は内裡にいて文章かいているほどに、閑でねむたいぞ」
※歌舞伎・霊験曾我籬(1809)七幕「眠(ネム)たい目にも腹を立って仲直りをしろといふに」
ねむた‐が・る
〘自ラ五(四)〙
ねむた‐げ
〘形動〙
ねむた‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねむり【眠・睡】
〘名〙 (動詞「ねむる(眠)」の連用形の名詞化)
① 眠ること。睡眠。ねぶり。〔黒本本節用集(室町)〕
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉七「ここちよげにねむりに付」
② 死去・死亡のたとえ。永眠(えいみん)
※塔影(1905)〈河井酔茗〉萎める百合「清き匂ひを胸に抱き つひの永眠(ネムリ)の美くしき」
③ 眠気。
※歌舞伎・傾城仏の原(1699)一「ちと昔の話をして、眠を覚さう」
④ 蚕が脱皮前に、しばらくの間活動をやめて、桑を食べないこと。また、その蚕。みん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねむ・る【眠・睡】
〘自ラ五(四)〙 (古くは「ねぶる」)
① 心身の活動が低下して、目を閉じて無意識の状態になる。寝る。
※書陵部本海人手子良集(970頃)「たそかれに涙の玉をながめつつねむらで夜はにあかすともし火」
※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「死をばねむると心得、生をばさめたと心得んぞ」
② (多く「目をねむる」の形で用いて) つむる。閉じる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「目を眠(ネムリ)あふむいてしばらくかんがへ」
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉花祭「人々は母上の目を瞑(ネム)らせ、その掌を合せたり」
③ 死ぬ。永眠する。
※雑俳・柳多留‐二九(1800)「目が覚て眠った親を思ひ出し」
④ 活気が衰えたり、活動しなくなったりする。草木の葉が、しぼんだり枯れたりする。
※嚼氷冷語(1899)〈内田魯庵〉「政治的野心が眠(ネム)って了った」
⑤ 利用、活用されない状態にある。
※ある隷属国の悲劇(1955)〈中野好夫〉「ここに一大油田が眠っている」
⑥ 蚕が脱皮の前にしばらく活動をやめて桑を食べない状態になる。
※尋常小学読本(明治三六年)(1903)五「蚕は〈略〉そのあひだに四どねむります」
[補注]類義語としては、上代からネル(ヌ)があり、両者はともに①の意味で使われる。しかし、ネムルにあるまぶたを閉じる意がネルにはなく、ネルにある体を横にする意がネムルには見られないなど、意味にずれがある。「源氏物語」では、寝支度をして床に入ることをネルといい、座ったままの状態などで眠ることをネブルというような使いわけがなされているといわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねぶ・し【眠・睡】
〘形ク〙 ⇒ねぶい(眠)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねむた・し【眠・睡】
〘形ク〙 ⇒ねむたい(眠)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眠・睡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

眠・睡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation