@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

眼前【ガンゼン】

デジタル大辞泉

がん‐ぜん【眼前】
[名]目の前。ごく身近な所。まのあたり。目前(もくぜん)。「眼前に広がる景色」
[名・形動ナリ]明らかなこと。確かなこと。また、そのさま。
「兄弟なることは―なり」〈曽我・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん‐ぜん【眼前】
〘名〙
① (━する) 目の前。まのあたり。現実。また、目の前にあること。
※新撰万葉(893‐913)上「眼前貯水号瑤池、手漑手穿送歳時
※保元(1220頃か)上「眼前にかかる弓勢も侍るにや」 〔杜甫‐歴歴詩〕
② (形動) 明らかなこと。確かなこと。また、そのさま。
※曾我物語(南北朝頃)一「兄弟なることは眼前也」
※幸若・元服曾我(室町末‐近世初)「あれこそ御身の為にはがんぜんのいとこ、工藤一郎助経と申す人にておはしませ」
[補注]「日葡辞書」に「親類または近親者」の意として「Ganjen(ガンゼン)」を挙げているが、これは②の意で「眼前の兄君」などと、兄弟や親類縁者についていう例が多いところからの語釈か。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐の‐まえ ‥まへ【眼前】
〘名〙 まのあたり。めのまえ。がんぜん。
※宇治拾遺(1221頃)一〇「げにまの前に、ゆゆしきさまにて死なんを見んよりは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眼前」の用語解説はコトバンクが提供しています。

眼前の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation