@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

眼目【ガンモク】

デジタル大辞泉

がん‐もく【眼目】
目。まなこ。
「委員等が最も其の―を注で、熟視するの人物は」〈竜渓経国美談
ある物事の最も重要な点。「会議の眼目

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がんもく【眼目】
物事のたいせつな点。主要な目的。要点。主眼。 教育の-は人間形成にある
目。まなこ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん‐もく【眼目】
〘名〙
① 目。まなこ。
※正法眼蔵(1231‐53)山水経「山をみる眼目あらざる人は、不覚、不知、不見、不聞、這箇道理なり」
② 物事の肝要なところ。要点。主眼。また、肝要な物事。
※正法眼蔵(1231‐53)行持下「自己の眼目いまだあきらめず、いたづらに殿堂精藍を結構する」
※神皇正統記(1339‐43)中「此の国は三種の正体をもちて眼目とし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん‐もく【眼目】
〘名〙 (「げん」は「眼」の呉音)
① =がんもく①〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② =がんもく
※日蓮遺文‐妙心尼御前御返事(1275)「この御守りは法華経のうちのかんじん、一切経のげんもくにて候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眼目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

眼目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation