@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

眼窩上隆起【がんかじょうりゅうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

眼窩上隆起
がんかじょうりゅうき
supraorbital torus
ヒトやサル前頭骨下端が眼窩直上で前方に突出し,その付近が高まりとなっているもの。オーストラリア先住民を除いては発達程度は弱い。ネアンデルタール人などの旧人類原人類アウストラロピテクス類ではこれが強く発達しており,隆起が眼窩の上だけでなく前頭骨下端全体に広がってひさしのように突き出している。ゴリラなどの類人猿でもよく発達しているため,この隆起はサル的な原始的特徴の名残りであるといわれる。成因は,顔面骨を伝わってくる強力な咬合圧を前頭骨下端で受けるための適応であると考えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眼窩上隆起」の用語解説はコトバンクが提供しています。

眼窩上隆起の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation