@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

着手【チャクシュ】

デジタル大辞泉

ちゃく‐しゅ【着手】
[名](スル)
ある仕事に手をつけること。とりかかること。「研究に着手する」
(「著手」とも書く)刑法で、犯罪の遂行に直接関係のある行為にとりかかること。
囲碁・将棋などで、石を置いたり駒を動かしたりすること。手(て)。「着手禁止点」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きて【着手】
着る人。身につける人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐て【着手】
〘名〙 着る人。つける人。
※申楽談儀(1430)面の事「たつ右衛門迄は、たれもきるに子細なし。夜しゃより後のは、きてをきらふ也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゃく‐しゅ【着手】
〘名〙
① とりかかること。やりはじめること。手をつけること。
※明六雑誌‐一四号(1874)知説・一〈西周〉「現在の施設に臨み着手の方法を定め」
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「家康の時より著手し」 〔晉書‐杜預伝〕
② 刑法で、犯罪の実行を開始すること。すなわち罪を犯す意思で犯罪構成要件にあたる行為、あるいはそれに密接する行為を開始すること。実行の着手。他人の財布をすり取ろうとして、ポケットに手を差し入れる場合など。
※刑法(明治四〇年)(1907)四三条「犯罪の実行に著手し之を遂げざる者は其刑を減軽することを得」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

着手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

着手の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation