@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

睦月島【むづきじま】

世界大百科事典 第2版

むづきじま【睦月島】
瀬戸内海に浮かぶ忽那(くつな)諸島の一島。愛媛県温泉郡中島町に属する。野忽那(のぐつな)島と中島中間にあり,面積3.5km2,人口473(1995)。島の南部が湾入し,集落がある。11世紀末ごろ開発されたと伝え,近世には大洲藩の水主(かこ)役をつとめている。東にある野忽那島とともに大正から昭和初期には全国に向けて反物行商が盛んであったが,現在はかんきつ類の栽培が主である。島の北東端に突出する梅ノ子鼻には忽那氏一族のったという梅ノ子城跡がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉プラス

睦月島
愛媛県松山市、松山港の北西約12キロメートル、中島と野忽那島の中間に位置する忽那(くつな)諸島の島。“睦月”は「むづき」と読む。面積約3.83平方キロメートル。柑橘類の栽培が盛ん。島の東部高松山(標高218メートル)、西部に幟立(おりたて)山(同198メートル)があり、二つの山を周回する農道は「睦月スカイライン」とも呼ばれる絶好のハイキングコース。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

睦月島
むづきじま

愛媛県北西部、忽那(くつな)諸島の1島。松山市に属す。中島と野忽那(のぐつな)島の中間にあり、面積3.82平方キロメートル。領家花崗(りょうけかこう)岩からなり、梅ノ子鼻、崩鼻(くずれはな)などの岬(こう)角が細長い砂浜海岸で結ばれる。梅ノ子鼻に忽那水軍一族の城砦(じょうさい)跡がある。幕末には風待ち・潮待ち港であり、船に物売りをしたことから行商が盛んであった。現在は柑橘(かんきつ)類の栽培が盛ん。南岸の睦月港が集落の中心で、三津浜港、中島港などとフェリーで結ばれている。人口328(2009)。

[深石一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

睦月島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

睦月島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation