@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

睦月【ムツキ】

デジタル大辞泉

むつき【睦月】
陰暦正月の異称。むつびづき。 春》「神の磴(とう)―の蝶を遊ばしむ/風生

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

睦月
。互いに往来してまじくするところから。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

日本大百科全書(ニッポニカ)

睦月
むつき

陰暦1月の異称。「むつびづき」「むつましづき」ともいい、語源的には、新年を迎えて親疎ともども往来して仲睦(むつ)まじくするからだ(『奥義抄(おうぎしょう)』など)といい、あるいは、1年の初めの月の意の「もとつ月」の転(『語意考』など)とし、稲の実を初めて水に浸す月の意の「実月」(むつき)(『大言海』)とするなどの諸説がある。

[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むつき【睦月】
〘名〙 陰暦正月の称。むつびづき。むつましづき。むつみづき。《季・新年》
※万葉(8C後)五・八一五「武都紀(ムツキ)たち春の来たらばかくしこそ梅を招(を)きつつたのしき終へめ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むつび‐づき【睦月】
※光悦本謡曲・常陸帯(室町末)「人も我もむつひ月の、袖ふれて寄りこよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

睦月」の用語解説はコトバンクが提供しています。

睦月の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation