@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瞽女・御前【ごぜ】

精選版 日本国語大辞典

ご‐ぜ【瞽女・御前】
① 盲目の女。〔文明本節用集(室町中)〕
② 鼓を打ったり、あるいは三味線を弾いたりなどして、唄をうたい、門付けをする盲目の女芸人。瞽女の坊。
※俳諧・誹諧之連歌(飛梅千句)(1540)姉何第四「かきぬるも人よみぬるも人 ざとうへとこせのもとより文のきて」
[補注](②について) 将軍や諸大名などの内局に仕えたり、箏、三絃の教授にあたったりする者もいれば、諸藩が盲女の救済、保護策としてつくった組織に所属し、遊芸を講じる者もいた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瞽女・御前」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瞽女・御前の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation