@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瞿佑【くゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

瞿佑
くゆう
Qu Yu
[生]至正1(1341)
[没]宣徳2(1427)
中国,明の文学者。銭塘 (浙江省臨安県) の人。字,宗吉。号,存斎。早くから楊維 楨に詩才を認められたが,官吏としては不遇で,地方県の訓導という学官を歴任,のち周王府右長史となったが永楽年間,筆禍によって保安 (陝西省) に流され,洪煕1 (1425) 年許されて帰った。宋,元代にめぼしい作品のなかった文語小説の分野で,怪異小説集の傑作剪燈 (せんとう) 新話』をわし,多くの模倣作を生むほどの流行をみせた。長命で多くの著があり,また詩にも艶麗なをもったが,散逸して『帰田詩話』のほかはほとんど伝わっていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

く‐ゆう〔‐イウ〕【瞿佑】
[1341~1427]中国、明代の文人。字(あざな)は宗吉。号は存斎。銭塘(せんとう)(浙江(せっこう))の人。筆禍により陝西(せんせい)省に流されたが、許されて帰郷。怪異小説「剪灯(せんとう)新話」が特に知られており、日本の怪談牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」などに翻案された。他に「帰田詩話」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くゆう【瞿佑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

瞿佑
くゆう
(1341―1427)

中国、明(みん)代の文人。日本に伝来して著名になった文語体の怪異小説集『剪灯新話(せんとうしんわ)』の作者で、字(あざな)を宗吉、号を存斎(そんさい)といった。銭塘(せんとう)(浙江(せっこう)省)の人で、若年から詩人として知られていたが、その一生は不遇で、仁和県、臨安府(浙江省)、宜陽(ぎよう)県(河南省)あたりの訓導や周王府の右長史という低い官職についただけで、筆禍によって保安(陝西(せんせい)省)に流され、10年の年月を過ごした。多くの著書はほとんどが散逸してしまい、現在伝わるものは『剪灯新話』『帰田詩話』『詠物詩』だけである。

[藤田祐賢]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐ゆう ‥イウ【瞿佑】
中国、明代の文人。字は宗吉。号は存斎。「瞿祐」とも書く。浙江銭塘の人。各県の訓導を歴任し、永楽年間、周王府右長史となったが、詩禍のため一八年間陝西北辺に流された。著書「詠物詩」「帰田詩話」、特に「剪燈(せんとう)新話」は有名。(一三四七頃‐一四二七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瞿佑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瞿佑の関連情報

関連キーワード

塩冶高貞畑時能ブルターニュ継承戦争ヨハネス5世ヨハネス(5世)インバウンドコミュニティーバス菊池武重聖冏天竜寺船

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation