@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ほこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ほこ
halberd
鉾,桙,槍,とも書く。地域,時代,用途などで形状は異なるが,一般に,長柄の先に諸刃 (もろは) の剣をつけた刺突用の武器。東洋では青銅器時代に中国などで考案された。大別すると,長さによって長鋒 (ちょうぼう) ,短鋒の別,刃の幅によって広鋒,狭鋒に分けられる。また厳密には「戈」は枝のあるもの,「戟」は2つの枝のあるもの,「」は袋穂のあるものなどの種類があり,その他飾りのついたもの,祭礼,儀式用のものなどがある。日本へは弥生時代に銅製品が大陸から伝わり,古墳時代には鉄製品が現れた。武器としては鎌倉時代前期頃まで使用され,のちなぎなた (薙刀) に転身した。西洋の矛は槍とととび口を合体した多目的の武器で,中世~近世に各種の矛が使われた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほこ【矛/×鉾/×戈/×鋒/×戟】
両刃の剣に柄をつけた、刺突のための武器。青銅器時代鉄器時代の代表的な武器で、日本では弥生時代銅矛・鉄矛がある。のちには実用性を失い、呪力(じゅりょく)をもつものとして宗教儀礼の用具とされた。広く、攻撃用の武器のたとえとしても用いる。「―を向ける」
弓の幹(から)。弓幹(ゆがら)。
1を立てた山車(だし)。特に京都祇園会(ぎおんえ)山鉾(やまぼこ)。ほこだし。 夏》「―処々にゆふ風そよぐ囃子(はやし)かな/太祇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

む【矛】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉) ボウ(漢) [訓]ほこ
〈ム〉武器の一種。ほこ。「矛盾
〈ボウ〉ほこ。「矛戟(ぼうげき)
〈ほこ(ぼこ)〉「矛先玉矛(たまぼこ)
[名のり]たけ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼう【矛】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほこ【矛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


ほこ

鉾、戈、戟、槍、桙とも書く。古代から平安末期に至るまで用いられた、双刃(もろは)の突き刺しのための長柄(ながえ)の武具。古墳などに広幅で刃もない青銅製の非実用のものが副葬され、かつ記紀に天沼矛(あまのぬぼこ)の島生みの伝説があるように神秘的・宗教的な性格もあった。同じく記紀にみえる比々羅木(ひひらぎ)の八尋(やひろ)矛、赤矛、黒矛などは木製で、呪術(じゅじゅつ)的な象徴的武具であったことを物語る。このため長く神前や宮門を飾る威儀の具として、盾と組み合わされて用いられた。奈良春日(かすが)大社に残る神宝の鉾(平安時代)や、『伴大納言絵詞(ばんだいなごんえことば)』や『文永加茂(ぶんえいかも)祭絵巻』にみる検非違使(けびいし)の放免の携帯する鉾、賀茂競馬に現在も用いられる儀仗(ぎじょう)の鉾など、その遺風である。

 奈良時代の実用具として正倉院(しょうそういん)に23口収蔵され、片鎌や後世の槍(やり)状の穂の形式が認められるが、原則として、穂に柄を付けるのに槍・長刀(なぎなた)のように中茎(なかご)をもってせず、穂袋に柄を差し込むのが特徴である。片手に盾を持ち、右手のみで鉾を操作するため、柄はあまり長くなく、かつ「鋭(と)き鉾の中執(と)り持ちて」(中臣(なかとみ)の寿詞(よごと))にあるように、柄の中ほどをとって突くことになる。このため石突(いしづき)を鋭利にしたり、柄に糸を巻いたもの(春日大社神宝)もある。このように片手操作を原則としたためか、戦闘が漸次、熾烈(しれつ)になる平安末期ごろから、両手で全力でなぎ切り、突くことのできる長刀や中世の槍に、その座を譲ることになる。

[齋藤愼一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

矛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation